思春期ニキビの特徴と対処法は

MENU

思春期ニキビの特徴

ニキビには、思春期にできるものと、大人になってからできるものがあることを
皆さんは知っていますか?

 

それぞれできるところも違えばできる原因も異なります。

 

ということは、できてしまった時の対処方法も異なるということです。

 

日頃からニキビに悩まされているという人はそれぞれの特徴や対処法をしっかりと
把握しておく必要があると思いますが、ここでは思春期ニキビについて紹介したいと思います。

 

思春期ニキビとは名前からもイメージ出来ると思いますが、学生の頃の
思春期にできるものを指します。

 

思春期の時期は成長ホルモンがたくさん分泌されるのですが、その際に皮脂腺が
刺激されることによって、皮脂が必要以上に分泌されやすくなってしまうのです。

 

この皮脂の過剰分泌が大きな原因となっているのです。

 

皮脂の過剰分泌によって、皮脂が毛穴につまりやすくなってしまいます。

 

この毛穴の詰まりを放っておくと、アクネ菌というものが増殖してしまい、皮膚が
炎症を起こしてしまうために、ニキビとなってしまうのです。

 

成長ホルモンがたくさん分泌されるのが原因であるため、大人になって
ホルモンバランスが整ってくると、できなくなるというのが一般的です。

 

このような特徴をもっているので、対策としては毛穴の詰まりをきちんと取り除くこと
が大切になってきます。

 

また、皮脂は肌にとって必要なものであるために、皮脂を全て取り除こうとするのでは
なく、必要な量に留めるようなお手入れを行っていくことが必要となってきます。

関連ページ

大人ニキビのできやすい場所とその原因
大人ニキビは10代にできる思春期ニキビと違い、Uゾーンにできやすいのが特徴です。大人ニキビができる原因は様々で、食生活や生活習慣の乱れなど、人によって異なります。対策にはこのような原因の改善とメルラインによるお手入れが効果的です。
ニキビの芯は取るべきか悩んだ人は・・・
ニキビの芯は取るべきか悩むことがあると思います。場合によっては自分で取れることもありますが、跡を残してしまったり、ニキビを悪化させてしまう可能性もあるため、吹き出物の芯は取るべきか悩んだら、医療機関を受診するのが無難です。
過度な乾燥は避けるように気を付けよう
ニキビは過剰な皮脂によるものだけでなく、皮脂を洗い流し過ぎてしまうことによる乾燥で起こるものもあります。適切なバランスを保つことでニキビを予防できます。
運動不足で代謝を下げないように気を付けよう
運動不足による代謝の低下によって肌の機能が低下し、ニキビの原因になります。運動によって適度に汗をかくことは、ニキビの予防にもなります。